Hot Babe Racing::当て逃げ!拡散取下!

Hot Babe Racing

- エンジンチューン、OH、イプシロンP.P.F、特殊パーツ -
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
あれから一カ月が経ちました。

一向に何の音沙汰も無いので派出所に向かい愚痴をこぼして参りました。

僕らで動ける範囲、僕らの情報網を駆使し警察には情報提供して来ました。

やっと翌日になり、オリックストラックレンタルさんへコンタクトを取りに重い腰を上げてくれました。

結果、

『ナンバーがはっきりしないものを調べるわけにはいかない』

あれだけの状況証拠があってでも、オリックストラックレンタルさんの返事はノー。

これが情報提供した時点で警察が動いてくれてこの返事ならまだあの手この手を考えましたけど

やきもきしたぶん疲れました。たぶんこういう狙いもあって動かないのかもしれませんもういいです。諦めました。



にっぽんの警察の使命として、国民の生命と財産を守る義務があると思うのですが

当て逃げに関しては逃げ得さあーナンバーさえしっかり隠せば、個人情報保護法のおかげで明らかに故意の当て逃げでも

九分九厘逃げ切れるから自首することねえし、レンタル屋さんが口を割らない限り警察だって無理無理。
捕まえんのやっかいだから諦めて手前で直せやとの事です。

今回は、どんなに被害者が動いて集めた情報も、たかだか近所のレンタル屋さんに聞き込みに行くのに一カ月かかるようでは意味無いですね。

今回ばかりは、聞き込みに行ってくれて有難うの気持ちが一切湧きません。気持ち的にスル―してしまいました。

結論から言うと、自分の身は自分で守りなさい。


轢き逃げやもちろん当て逃げに関しては、決して被害者救済が先では無い。自分を守るのはまずは逃げる事。逃げるが勝ち。

特にこの御時世法律上、個人情報保護法で犯人の情報は保護されています。『逃げ得』の世の中に乗り遅れてはならない。

犯人と警察にはそう教えて頂きました!

| 日記::日常 | 08:12 PM | comments (0) | trackback (x) |

コメント



コメントする