Hot Babe Racing::2015年09月

Hot Babe Racing

- エンジンチューン、OH、イプシロンP.P.F、特殊パーツ -
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
クラッチのインナーハブが欠けて一度は開けてるであろうZ1000のエンジン。


久しぶりと言うか、これは初めてでした。


つか組んでる時に、部品が無くて『まあええわ』って感じだったのか?

何かしらシフトのローフリクション化???ありえねえ・・・


シフトドラムが左右に動いてただろうにね。怖い怖い。










| エンジン | 02:38 AM | comments (0) | trackback (x) |

中空3本スポークまでなら理解も出来るが!

入隅だらけの純正MK2ホイールをバフ掛けしたとです。



















工程


塗装剥離、三次元研磨、バフ、バレル研磨。


フロント、リア、リアハブ 3点セットで¥200、000-




高いのか?安いのか?もうここまで来ると出来るか?出来ないか?の職人の世界ですね。




HBRでも、古い旧車を扱う事が多いので、バフやクロームメッキは、常時扱ってますけど、バフ屋さんと言うバフ屋さんが『お金じゃない。いくらもらってもあわない』

と言いながら断られたのが良くわかる気がしました。




| 塗装::ホイール塗装 | 10:13 PM | comments (0) | trackback (x) |

と言われ・・・・・・



た・・・わけでは無く、本来エンジンOILを商品として扱うならば、大昔から第三者が開けたりしないようにスチール缶にカシメ蓋で販売しなければいけなかったそうです。

(ポリでも密封状態であれば良いみたいですが良くわかりません)


知らなかった。


ちなみに食品の油もカシメなんですがまた蓋の種類が違います。


実はエンジンOILは、発がん性物質を含む危険物なんですよね。


特にイプシロンBspecも200~300くらいのグレードだと匂いがエンジンOILの匂いじゃなくていかにも薬みたいな匂いですよね。


万が一にも、物が乗っかったり、押さえれても開いたりしてはいけないカシメが必要。


ただまあ15年も前からポリ缶でやってこれたのは、初期の段階でレース用以外に使用を禁じられていたのをこれは街乗りにもいけると

問屋さんに卸すのではなく出入りのお客さんと細々とやってたからなんですね。


誰でも開けられるポリ缶でエンジンOILを売ってはいけないそうです。


しかし現在のHBR走り系デフォルトは、イプシロンPPF M1 Bスペックが殆ど定番化し、HBRにてフォミュレーション化して発送するにあたり

自社でカシメが必要となりました。

もちろんM1に限らず、スプリント用の0766、新製品のAirについてもスチール缶のカシメ蓋にて納品するように移行中です。

前置き相変わらず長いですが、明日送ります。


| 取扱商品::イプシロン | 02:59 AM | comments (2) | trackback (x) |